文春文庫

小説 立見尚文闘将伝

中村彰彦

  • 定価:本体714円+税
  • 発売日:2011年10月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「東洋一の用兵家」と呼ばれた知られざる名将の肖像

桑名藩雷神隊から陸軍大将へ。戊辰、西南の役、日清・日露の四戦場を稲妻のごとく疾駆した名将の颯爽たる生涯を描いた傑作歴史長篇

担当編集者より
卓越した戦略から「不敗の名将」と呼ばれた立見尚文。その清冽な生涯を直木賞作家中村彰彦氏がお送りする伝記小説。『坂の上の雲』でも知られるように、日露戦争でも重要な役割を果たす立見は、幕軍である桑名藩出身。北越戊辰戦争では寡兵ながら山県らを翻弄しますが、やがて新政府に出仕し、近代日本の黎明期、その発展に尽力します。来月刊行の『海将伝——小説 島村速雄』とあわせて、知られざる名将たちの足跡にぜひ触れてください。(YI)
商品情報
書名(カナ) ショウセツタツミナオフミ トウショウデン
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年10月10日
ISBN 978-4-16-756717-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く