作品紹介

もはや僕らには、絶望すらも許されないのか……

記憶喪失の僕と島を捨てたアキンツの、行くあてのない逃避行。社会から疎外された若者たちを通じて現代の貧困を暴き出した問題作

担当編集者より
記憶を失った〈僕〉は、沖縄の密林で、故郷を捨てた昭光と出会う。2人は名前を変えて新たな人生を歩もうとするが、非情なヒエラルキーに支配された実社会に、安住の地は見つからない。孤独、貧困、破滅の予感。逃げろ! 何処へ? 底辺に生きる若者たちの生態を克明に描き、なお清新な余韻を残す傑作ロードノベル。解説・小山太一
商品情報
書名(カナ) メタボラ
ページ数 688ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年08月10日
ISBN 978-4-16-760214-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く