作品紹介

落し胤の英助が父に願い出たことは……

刺青判官遠山景元と落し胤との生涯一度の出会いを描いた表題作ほか、北斎の娘お栄、蠣崎波響など実在の人物に材をとった時代小説集

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本橋「いせ辰」の手代・英助には誰にも言えない秘密があった。母が死に際に遺した「お前のお父っつぁまは北町奉行の遠山様なのだよ」という言葉である。表題作ほか、北齋の娘・お栄の胸の内(「酔(え)いもせず」)、松前の応挙と呼ばれた蛎崎波響の選んだ道(「夷酋列像(いしゅうれつぞう)」)など、実在の人物に材をとった時代中篇小説集。解説・山本博文
商品情報
書名(カナ) サクラヲミタ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年06月10日
ISBN 978-4-16-764007-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く