文庫
文庫

暗号攻防史

ルドルフ・キッペンハーン 赤根洋子・訳

  • 定価:本体762円+税
  • 発売日:2001年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

歴史を変えた暗号、勝敗を分けた暗号表、暴かれた暗号機エニグマ……古今東西の暗号とその作成・解読に生涯を捧げた人々のドラマ

担当編集者より
暗号の歴史は、秘密を守ろうとする人間と暴こうとする人間との、暗号作成者と解読者との、果てしなき攻防戦といえる。本書は古代ギリシャの昔からインターネット全盛の今日まで、その攻防の歴史を集大成したもの。なかでも世界史に大きな影響を与えた暗号と、それに関わった人々のドラマを描いたくだりは詳細で、かつ面白い。
商品情報
書名(カナ) アンゴウコウボウシ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年01月10日
ISBN 978-4-16-765102-2
Cコード C0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く