文庫
文庫

マンボウの刺身

岩本隼

  • 定価:本体524円+税
  • 発売日:2002年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

房州館山香 浜物語

街にはなんにもないけど、目の前の海にはなんだってある。偶然から千葉県館山香に移り住んだ雑誌記者が綴る素人漁師暮らしの日々

担当編集者より
千葉県は房総半島の西の端、館山の香(こうやつ)という、見事なほど何もない(コンビニすらないんですから)けど、豊かな海がある集落の暮らしぶりを、この場所に魅せられて、ついには家族ともども住みついてしまった元週刊誌記者で見習い漁師が淡々と描きます。都会に暮らす我々が失ってしまったモノや人と時間がこの場所には開発の嵐にもあわず奇跡的に残っていました。本書を読めば、少しばかり心が癒され、岸辺を洗う潮騒が聞こえてくるかも……。(IM)
商品情報
書名(カナ) マンボウノサシミ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年03月10日
ISBN 978-4-16-765629-4
Cコード C0195

著者

岩本 隼

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く