作品紹介

究極の情痴文学ここに現わる!!

昭和初期、濃密な男女の情痴世界。愛する男から虐げられつづける女にとって、魂の救済とは何だったのか。第86回文學界新人賞受賞作

担当編集者より
昭和初期、カフェーの女給をしていた人妻の「私」は、谷崎潤一郎を敬愛するサディストの帝大生と出会い男女の仲になるのだが、閨房での辱めは想像を絶するものだった。それでも相手を愛する「私」にとって、魂の救済とは何だったのか――。文學界新人賞を受賞し、“究極の情痴文学”と絶賛された表題作の他一篇を収録。解説・島田雅彦
商品情報
書名(カナ) ノウビョウインヘマイリマス
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年07月10日
ISBN 978-4-16-765670-6
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く