文春文庫

元刑務官が明かす死刑のすべて

坂本敏夫

  • 定価:本体600円+税
  • 発売日:2006年05月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

元刑務官だからこそ書ける、「死刑」執行の現場!

拘置所の日常、刑務官と死刑囚の関係、そして死刑執行の瞬間……。執行現場に立ち会ったこともある著者が、死刑囚の今を明かす!

担当編集者より
起案書に30以上もの印鑑が押され、最後に法務大臣が執行命令をくだす日本の“死刑制度”。「人殺し!」の声の中で、死刑執行の任務を命じられた刑務官が、共に過ごした人間の命を奪う悲しさ、惨めさは筆舌に尽くしがたい。死刑囚の素顔、知られざる日常生活、執行の瞬間など、元刑務官だからこそ明かすことのできる衝撃の一冊!
商品情報
書名(カナ) モトケイムカンガアカスシケイノスベテ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年05月10日
ISBN 978-4-16-767987-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く