文庫
文庫

消えた境界線女検事補サム・キンケイド

アラフェア・バーク 七搦理美子・訳

  • 定価:本体848円+税
  • 発売日:2005年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

キャリアと命を賭けても正義を追求してみせる!!

行政法審判官が殺され、彼女の裁定を恨む黒人男性が逮捕される。しかし被害者の私生活を探るうちにサムは、事件の裏の陰謀を知る

担当編集者より
デビュー作『女検事補サム・キンケイド』で、父親ジェイムズ・リー・バークを超えたとの評価を得た著者のシリーズ第2弾。待望の重大犯罪訴追課に異動し張り切るサムを待ち受けていたのは、著名な医者の妻でポートランド市行政法審判官を務める女性の誘拐殺人事件。彼女の裁定を恨む黒人男性が逮捕されるが、被害者の私生活を探るうちにサムは、市の名士たちの巧みに隠蔽された“腐敗の連鎖”に気づく。(HK)
商品情報
書名(カナ) キエタキョウカイセン オンナケンジホサムキンケイド
ページ数 512ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年06月10日
ISBN 978-4-16-770501-5
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く