作品紹介

家康の息子・権之丞、大坂にお味方いたす!

家康の七男にあたる権之丞は小笠原家へ養子に出された。実の親に対する反感から、権之丞はあろうことか大坂城へ入城してしまう

担当編集者より
時は戦国の余燼さめやらぬ慶長年間——。徳川水軍の御船手頭・小笠原権之丞の実の父親は、家康であった。天主教禁教令を決断した家康は、信徒である権之丞に棄教を迫るが拒否、幕府から追放される。海への想い断ちがたい権之丞は大船を建造し、ヴェネチアのような海上国家建設を目指し、小笠原島へ出航した。解説・末國善己
商品情報
書名(カナ) イエヤストゴンノジョウ
ページ数 640ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年10月10日
ISBN 978-4-16-771706-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く