文庫
文庫

文春文庫

いい家は無垢の木と漆喰で建てる

神崎隆洋

  • 定価:本体640円+税
  • 発売日:2009年12月04日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

住宅メーカーの建材が、いかに石油系接着剤多用の建材中心で、健康に良くないかを説き、ヒノキや青森ヒバ、杉など、自然素材と漆喰を使った住宅の素晴らしさを紹介する

担当編集者より
一生で一番高い買い物は家です。それなのに住宅メーカーのいいなりで建てる人がほとんどでしょう。その結果、接着剤づけの合板の床、木屑を圧縮した枠、火事になると猛毒を発する断熱材などを使い、危険性の高い家になっているのが実情です。筆者は長年、素晴らしい香りを持ち、湿気にも強く、冬は暖かく夏は涼しい、ヒノキや青森ヒバ等の自然素材を使った家づくりを行ってきました。無垢の木と、火災にも強い漆喰で造った家のよさが具体的に例示されることで、住宅メーカーとの違いがよくわかります。
商品情報
書名(カナ) イイイエハムクノキトシックイデタテル
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年12月10日
ISBN 978-4-16-777324-3
Cコード 0195

著者

神崎 隆洋

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く