作品紹介

わしはこの命を使い切ってやろう、と思う

西国のとある小藩に国替えの噂が。かつて交誼のあった家老と下級武士、2人の運命が再び交わることに。第14回松本清張賞受賞作

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
寛政期、西国の小藩である月ヶ瀬藩の郡方・日下部(くさかべ)源五と、名家老と謳われ、幕閣にまで名声が届いている松浦将監(しょうげん)。幼なじみで、同じ剣術道場に通っていた2人は、ある出来事を境に、進む道が分かれ、絶縁状態となっていた。2人の路が再び交差する時、運命が激しく動き出す。第14回松本清張賞受賞作。解説・島内景二
商品情報
書名(カナ) ギンカンノフ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年02月10日
ISBN 978-4-16-778101-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く