作品紹介

人類のアイデンティティを問う問題作

チンパンジーの言語能力を研究する学者が謎の失踪。残されたチンパンジーは残酷な結末を告げた。今もっとも刺激的な科学ミステリー

担当編集者より
類人猿は人間の言葉を理解できる——井手元助教授は、天才チンパンジーを使った実験のテレビ収録を試みるが失敗に終わる。大学を追われ、失踪した井手元。残されたチンパンジーは井手元が殺されたと“証言”した! やがて浮かび上がった、人類のアイデンティティーを揺るがす禁断の実験とは? 解説・金子邦彦、笠井潔
商品情報
書名(カナ) サルノショウゲン
ページ数 640ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年10月10日
ISBN 978-4-16-779201-5
Cコード 0193

著者

北川 歩実

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く