文庫
文庫

文春文庫

日本語の常識アラカルト

北原保雄

  • 定価:本体552円+税
  • 発売日:2011年01月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

『問題な日本語』の著者が、言葉の不思議を解き明かす!

「よろしかった」がよろしくない理由など、巷に氾濫する言葉の誤用を紹介。誤りに至る理由も解説した、現実の日本語の諸相に迫った1冊

担当編集者より
「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」がよろしくないワケとは? 「お名前をいただけますか」がいただけない理由とは? 『明鏡国語辞典』の編者であり、大ベストセラー『問題な日本語』の編著者・北原博士が、巷に氾濫するおかしな日本語の問題点を、誤用が生じた理由も含めて解明します。また「KY」「恋活」「アドる」など続々と生まれる若者言葉=新語を紹介、現代日本語の実像に迫ります。言葉の変化を明らかにしつつ、正しい日本語を指南する画期的な1冊です。(TM)
商品情報
書名(カナ) ニホンゴノジョウシキアラカルト
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年01月10日
ISBN 978-4-16-780116-8
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く