文春文庫

脱北、逃避行

野口孝行

  • 定価:本体850円+税
  • 発売日:2013年10月10日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

捕まれば、死の送還。自由へのアジア縦断の旅

北朝鮮からの脱出を認めぬ中国の監視をかいくぐれ。成功と失敗、そして投獄。脱北支援に身を投じた著者が見た現実とは。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『脱北、逃避行』

捕まれば、死の送還が待っている-―。海外大使館の門前で、中国当局者が捕まえようとするなか、必死に逃げていく姿が国際的なニュースとなったことを覚えている人も多いことでしょう。北朝鮮の金体制から逃げ出した「脱北者」たちは、中国当局にとっても、好ましからざる人々でした。2013年、ようやくその脱北問題で、国連の人権調査が入りましたが、北朝鮮は一切を否定するなど、彼らの苦難に終わりの見える様子はありません。
本書の著者である野口さんは、中国内に潜伏する脱北者たちを、国外の安全な場所まで逃がす活動に従事しました。その距離直線にして3000キロ。密告者の目を逃れつつ、監視をかいくぐり、成功して命を助けられたケース、失敗して大きな犠牲を払ったケース。そして入獄した中国南部の「看守所」での、個性の際立った同房者たちとの奇妙な体験。その全部を克明に描いています。(TT)
商品情報
書名(カナ) ダッポク トウヒコウ
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2013年10月10日
ISBN 978-4-16-783883-6
Cコード 0195

著者

野口 孝行

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く