文春文庫

読むための日本国憲法

東京新聞政治部編

  • 定価:本体630円+税
  • 発売日:2014年04月10日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本人として、生まれた以上、一生に一度は「日本国憲法」を読み通しておきたいと思ったことはありませんか? 特定秘密保護法案、国防軍、女性天皇、一票の格差など、現実の社会で議論になっている問題の根っこは、すべて日本国憲法にあります。これまでの憲法本は、ともすると専門用語が頻出する憲法学者の教科書的なものが少なくありませんでしたが、本書は、日々、政治の現場の最前線で取材を続ける政治部記者たちが、その経験に基づく豊富な実例を紹介しながら、日本国憲法のすべての条文が意味するところをわかりやすく解説します。現実の取材体験から得られた生きた言葉で書かれているため、面白いほどどんどん読めてしまいます。「一日一条」読むだけでも、三か月で完全読破、完全理解。司法試験受験生や公務員、政治家はもちろん、一般の国民こそ、ぜひ手にとっていただきたい一冊です。

担当編集者より
集団的自衛権、憲法改正など日本国憲法をめぐる話題が連日報じられていますが、興味はあっても、憲法そのものは読んだことがない方も多いのでは。本書は、すべての条文を現役の政治部記者が豊富なエピソードを交えて、丁寧に解説。まるで物語を読むように憲法がどんどん読めます。そろそろ読んでみませんか? (H.I)
商品情報
書名(カナ) ヨムタメノニホンコクケンポウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年04月10日
ISBN 978-4-16-790081-6
Cコード 0195

著者

東京新聞政治部

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く