作品紹介

町子姉は悪ガキで、甘えん坊でした――。

ワンマン母さんと串だんご三姉妹、女ばかりの長谷川家。
極端な人見知りで知られる町子姉は、家の中では「お山の大将」。声も主張も人一倍大きくて型破り。でも親の膝を妹ととりあう「甘えん坊」でもあった。「いじわるばあさん」を自認し、ほしいものは「お嫁さん」。姪っ子たちには「木登り・屋根歩き」を伝授。類まれな集中力で「置き忘れ・失くし物」は数知れず。家族同然の犬・猫たちへの食事といえば……?

実の妹がありのまま綴った長谷川町子の素顔と、波瀾万丈で賑やかな昭和の家族のくらし。

文庫化にあたり「先輩たちとのお付き合い」「それからの七年」の2章を書き下ろし。

解説・江國香織

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) サザエサンノトウキョウモノガタリ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年03月10日
ISBN 978-4-16-790331-2
Cコード 0195

著者

長谷川 洋子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く