作品紹介

NHK総合で放送決定!

「死の病」と恐れられたエイズ。その治療薬を世界で初めて開発したのは日本人だった! 最もノーベル賞に近い研究者の壮絶な日々。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「エイズ」と聞けば、一昔前までは決して治らない病気でした。ところがそのエイズを、「不治の病」から「慢性疾患」に劇的に変えた研究者が日本人だったということに驚きました。それが満屋裕明教授です。世界最大の国立衛生研究所で、誰もやりたがらないエイズ治療薬の開発に取り組み、ついに世界で始めて治療薬開発に成功します。命をかけて、人のために役立つことを懸命にやるその姿に、思わず胸が熱くなります。同じ日本人として、満屋教授の生き方を誇らしく思います。(JI)
目次
まえがき

第1章 長生きのくすり
第2章 夜のピクニック
第3章 人体実験
第4章 発見、再び
第5章 特許戦争
第6章 歪んだジャスティス
終章 戦いのあと

あとがき
商品情報
書名(カナ) エイズチリョウヤクヲハッケンシタオトコ ミツヤヒロアキ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年09月10日
ISBN 978-4-16-790457-9
Cコード 0195

著者

堀田 佳男

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く