作品紹介

2016年11月25日、三島由紀夫割腹から46年を迎える。

「ええ、公威(こうい)さんの眼の美しさだけは、今も忘れられません」――
「金閣寺」執筆前後、結婚前の三島由紀夫の愛を一身に受けた女性は、三島の本名・平岡公威(きみたけ)から、恋人のことを「こういさん」と呼んだ。
青春のかけがえのない時期を共に生き、しかしその後半世紀以上、思い出を固く封印してきた女性が、岩下尚史氏にはじめて恋の顛末を語った。昭和三十年前後の東京の風景とともに、読者もこの恋の行方に引き込まれる。

さらに岩下氏は二人の愛を見守った、「鏡子の家」の女主人のモデルとなった女性の証言も得て、二人の女性の歴史的証言から、新たな三島由紀夫像が感動とともに浮かび上がる。

〈ヒタメン〉とは〈直面〉と書き、能楽の舞台で、面を着けずに舞うことを指す。
若き日、恋人だけに見せた、誰も知らない三島由紀夫のもうひとつの顔を御覧ください。

著者の岩下氏は最近とみにメディア露出多く、東京MXテレビ「5時に夢中!」火曜日でのコメンテーターぶりは濃厚なキャラクターで大人気。

単行本刊行時に話題騒然となった傑作ノンフィクションを文庫化!

解説・中江有里

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) ヒタメン ミシマユキオワカキヒノコイ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年11月10日
ISBN 978-4-16-790735-8
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く