文春文庫

名妓の夜咄

岩下尚史

  • 定価:本体714円+税
  • 発売日:2012年10月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

TVで話題! 「ハコちゃん」が聞いた貴重な証言

昭和前期から新橋で活躍し続けた芸者たちに、あの岩下氏が詳細にインタビュー。昭和・東京風俗史を描き、本物の日本文化を知る一作

担当編集者より
いまや「ホンマでっか!? TV」などバラエティ番組に引っ張りだこの「ハコちゃん」こと岩下さん。学生時代から新橋花街に出入りしていた彼が、昭和前期から一流地・新橋で活躍し続けた芸者にインタビュー。昭和・東京風俗史の一面を描きだしたのが本作です。政財界の接待の場として、また伝統芸能の継承の場としてあったその実態とは? 岩下さんが名妓と出会った若かりし日々を回想した書き下ろし新章も増補しました。大人の夜の世界、そして本物の日本文化に触れられる、貴重な証言の詰まった一作です。(MN)
商品情報
書名(カナ) メイギノヨバナシ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年10月10日
ISBN 978-4-16-783823-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く