作品紹介

2014年11月10日、83歳で亡くなられた高倉健さんの追悼本です。
養女である小田貴さんの特別手記は、病気が発覚してから亡くなるまでが臨場感あふれる筆致で描かれています。たとえば「薬や機械に頼ることなく、最後に自らの呼吸で旅立つまで、頭にあったのは”次の一本”」「苦しい呼吸の中、一生懸命言葉を発し続けてくれました。最後に聞きとれたのは、『慌てるな、慌てるな』でした」など、克明な闘病生活が綴られています。
亡くなる4日前に完成したという健さんの「最期の手記」は、本誌に戦後70周年企画で掲載されるや大反響を呼んだものです。病床で推敲を重ねて書いた原稿の最後には、「僕は、志があって俳優になった訳ではない。思いもよらない変化をかいくぐりながら、出逢った方々からの想いに応えようと、ひたすらもがき続けてきた。『往く道は精進にして、忍びて終わり、悔いなし』」と死を覚悟していたかのよう。
長嶋茂雄、降旗康男、奈良岡朋子、沢木耕太郎など健さんと交流のあった著名人のインタビューや原稿、映画関係者による全205作品鑑賞ガイド、健さんが自ら答えた一問一答や愛憎品なども掲載。健さんが二度命を落としそうになった映画「南極物語」撮影秘話は涙なしには読めません。ガンと闘った余命いくばくもない医師との心温まる交流など、高倉健さんのお人柄が偲ばれるエピソードを紹介してくれたサンテレビ報道部記者の藤岡勇貴さんは「高倉健さんと不思議なご縁をいただき、そしてこのたびの文庫化を通じてこのことを世の中に知らせていただけることに感謝を申し上げます」とのこと。
高倉健さんの生き方に、改めて感動し、ファンになること間違いないの内容です。

担当編集者より
辛い、苦しい、もう何もかもイヤだ――だれにでもあることです。そんなとき、高倉健さんだったらどうするだろう。そんなふうに考えると少しですが背筋がとしてピンとして、気分も落ち着いてきます。高倉健さんとは私にとってそういう存在です。もちろん日本映画の黄金期そのものといってもいい大スター。中国での国民的人気、そしていまではハリウッドで活躍する日本人俳優の先駆者でもありました。流暢な英語を話していた健さんのエピソードにはシビれました。本書を読むと、本当にやさしい方だったんだなあと感じます。極寒での撮影では、主役なのにストーブに当たらず、スタッフと同じように寒さに耐えながら立って撮影を見守る健さん。自分もガンなのに、余命いくばくもない地域医療に携わる医師へ励ましのお便りを送った健さん。そのほかにもたくさんのやさいくあたたかいお人柄が偲ばれるエピソードが満載です。改めて高倉健さんのファンになること間違いなしです。
目次
●特別手記「高倉健というプライド」小田貴
病床で振り返った83年の人生「高倉健 最後の手記」
●独占インタビュー「健さんと生きた五十七年」降旗康男(映画監督)
●特別寄稿「深い海の底に――高倉健さんの死」沢木耕太郎(作家)
●「憂魂、高倉健」横尾忠則(美術家)
●スペシャシャル対談「高倉健×国谷裕子」(キャスター)
●各界の著名人20人が語るとっておきの秘話 「健さんと私」長嶋茂雄/岡本行夫/徐敦信/田中節夫/高岩 淡//老川祥一/内藤 誠/中村 努/紅谷愃一/望月英樹/松村映三/唐仁原教久/辻田正美/藤 裕己/岡部秀年/奈良岡朋子/阿藤 快/石倉三郎/加藤登紀子/王 貞治
●「高倉健を男にした男たち」坪内祐三
●映画通6人による「全205作品 鑑賞ガイド」川本三郎/鈴木敏夫/鴨下信一/佐藤忠男/白井佳夫/春日太一
●「健さんは二度遭難した 南極物語撮影秘話」角谷 優(元フジテレビプロデューサー)
●「ガンと闘った人情医師との往復書簡」藤岡勇貴(サンテレビ報道部記者・当時、青森朝日放送アナウンサー)
●「高倉健はなぜ中国で『熱烈歓迎』されたのか」劉 文兵(映画評論家、東大大学院研究員)
●「痛快!健さん名言録」吉田 豪(プロ書評家)
●自ら答えた「一問一答」
●遺品コレクション ①お気に入りのハンティング ②iPadminiのケース ③特注のトートバッグ ④平戸焼の香炉
●作品一覧
商品情報
書名(カナ) タカクラケン ケン タカクラ イチキュウゴウロク ニイゼロイチヨン
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年11月10日
ISBN 978-4-16-790738-9
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く