作品紹介

「血盟団事件」「五・一五事件」「二・二六事件」「張作霖爆殺事件」などの歴史的大事件から「猪熊事件」「玉の井バラバラ殺人事件」「喫茶店青酸カリ事件」「首なし事件」(犯人は女性の頭の皮を被って自殺)「岩の坂もらい子殺し事件」「死のう団事件」「坊主のうんこ大不敬事件」「煙突事件」など、暗い時代に輝く事件についての解説、当事者のインタビュー、対談、鼎談を収録。
「九大生体解剖事件」は遠藤周作「海と毒薬」の元ネタ。津山三十人殺し事件は、横溝正史の「八つ墓村」、松本清張「闇に駆ける猟銃」のモデルともなった。これら昭和の犯罪を通して、執筆陣も豪華。永井荷風、大宅壮一、鶴見俊輔、阪口安吾、岡田嘉子、緒方竹虎、上坂冬子、尾崎一雄、平野謙など50人以上。
小沢昭一と説教強盗・妻木松吉の対談、坂口安吾と阿部定の対談では、坂口安吾が阿部定に「お定さんの刑期は七年だか五年だか、どう考えたって長すぎる。僕はせいぜい三か月か半年、それとも執行猶予ぐらいのところと思っていた」といった具合に何とも言えないおもしろ発言が飛び出す。昭和の犯罪史を知る一冊。

担当編集者より
昔の雑誌の企画はなんて自由で大らかなんだろうと思って手に取ったのがこの作品でした。坂口安吾が阿部定と対談……有名作家と世間を震撼させた犯罪の加害者とのおしゃべりなんて、いまではなかなか実現できない企画です。「別に後悔してませんね。今でもあんなことしなきゃよかったかしらん、と思うけども」なんて話を阿部定が告白してしまう。「坊主のうんこ大不敬事件」や「死のう、死のう」と言って割腹自殺しようとする宗教集団が起こした「死のう団事件」といったユニークで奇妙な名前の事件まで網羅しました。想像を超える驚きの事実が、本書にはちりばめられています。
目次
昭和1年●松島遊郭疑獄事件/木崎村小作騒動事件/鬼熊事件
昭和2年●北原二等兵天皇直訴事件
昭和3年●張作霖爆殺事件
昭和4年●説教強盗事件/山本宣治暗殺事件
昭和5年●岩の坂もらい子殺し事件/台湾霧社反乱事件/浜口雄幸首相狙撃事件
昭和7年●血盟団事件/増渕倉吉首なし事件/玉の井バラバラ死体事件/五・一五事件/大森・赤色ギャング事件
昭和8年●満州大連・児玉博士邸事件/共産党スパイ査問事件
昭和9年●帝人疑獄事件
昭和10年●喫茶店青酸カリ殺人事件/大本教弾圧事件
昭和11年●二・二六事件/阿部定事件/暁の怪盗事件
昭和12年●死のう団事件
昭和13年●「生きてゐる兵隊」発禁事件/津山三十人殺し事件
昭和14年●灯台社・兵役拒否事件
昭和16年ゾルゲ・尾崎事件
昭和17年聾唖者の大量殺人事件
昭和18年●横浜事件/中野正剛自決事件
昭和19年●首なし事件
昭和20年●九大生体解剖事件/花岡事件/東京ローズ事件
商品情報
書名(カナ) ハンザイノダイショウワシ
ページ数 592ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年12月10日
ISBN 978-4-16-790760-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く