作品紹介

背筋をピンと伸ばして振り仰ぐ人たちへのインタビュー集

伊集院静、浦沢直樹、山田太一、赤川次郎、ちばてつや……著者が尊敬する、メジャーを極めた十三人との至高の時間を過ごした対談集。

目次
まえがき
伊集院静/狂気の流儀
池澤夏樹/漂い、さまよう死者とともに
浦沢直樹/巨大なるマイナー
鈴木成一/一万日で一万冊+α
是枝裕和/テレビよ、おまえは――。
いとうせいこう/想像力はしぶといぜ、とDJは言った。
山田太一/深くあきらめたひとの、なおあきらめない思い
赤川次郎/物語の中の少年
酒井順子/負け犬、オン・ザ・ラン
ちばてつや/そこにも人生はあるだろう
吉岡忍/我々はどこから来て、どこへ帰る?
木皿泉/家路にともる、灯りのように
北村薫/バトンを渡された者として
商品情報
書名(カナ) アノヒトタチノセナカ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年03月10日
ISBN 978-4-16-790816-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く