文庫
文庫

文春文庫

秋山久蔵御用控花見酒

藤井邦夫

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2017年04月07日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

言い交した娘を襲おうとした浪人を殺した丈吉は、久蔵の情状酌量もあって遠島ですみ、さらに赦免で江戸に戻ってきた。丈吉はその娘・おふみの行方を探すが、おふみは今は長屋の隣人の浪人で、一人で娘を育てる夏目佐内と互いを思いあっていた。そんな折、丈吉に弟を殺された博奕打ちの清蔵が、丈吉に賞金を懸けたという。それを知った左内は意外な行動をとる。さらにおふみの気持ちを知った丈吉は、身を引こうとするが……。
〝剃刀〟久蔵の差配が光る、充実のシリーズ第29弾、書き下ろし新作。

商品情報
書名(カナ) アキヤマキュウゾウゴヨウヒカエ ハナミザケ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年04月10日
ISBN 978-4-16-790832-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く