文庫
文庫

文春文庫

泥水のみのみ浮き沈み勝新太郎対談集

文藝春秋編

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2017年06月08日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

数々の伝説に彩られた昭和のスター、勝新太郎。「パンツの中の真実」から酒、芸談、女、夫婦生活までを縦横に語り合って抱腹絶倒の爆笑対談集。ビートたけし、森繁久彌、三國連太郎、瀬戸内寂聴、石原慎太郎、中村玉緒ら濃ゆーい人たちとの本音トークが炸裂する。隠し子がいたことを告白したり、ビートたけしに生意気だと凄んだり、「おしっこ飲んだことある?」と三國連太郎に質問したり……勝新でなければ引き出せないエピソードがてんこもりです。

担当編集者より
勝新太郎さんは、やっぱり昭和を代表するスターだったんだなあと実感しました。
たとえば、三國連太郎さんに「おしっこ飲んだことある?」、森繁久彌さんには「うちの玉緒とヤッたの?」なんて平気で聞いてしまう。瀬戸内寂聴さんとの対談では隠し子がいたことを告白しています。あまりの本音トークに笑いが止まりません。
映画スターとしてもすばらしい方ですが、人間として魅力にあふれた方だったことがよくわかります。
目次
わが「パンツの中の真実」 VS.白井佳夫
だから我らは嫌われる VS.ビートたけし
女房替えるのも芸のうち VS.三國連太郎
中村玉緒に浮気のすすめ VS.瀬戸内寂聴
俠気について VS.石原慎太郎
泥水飲み飲み浮き沈み VS.森繁久彌
信長と秀吉について VS.津本陽
離婚を考えるヒマもない VS.中村玉緒
商品情報
書名(カナ) ドロミズノミノミウキシズミ カツシンタロウタイダンシュウ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年06月10日
ISBN 978-4-16-790874-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く