作品紹介

昭和のテロ・陰謀の当事者たちの貴重な証言

満州事変、五・一五事件、二・二六事件等の当事者が文藝春秋に寄せた証言を集成。二十一世紀の今こそ知っておきたい昭和史の一断面。

目次
目次より
・満洲某重大事件(河本大作)
私が張作霖を殺した
満蒙も我が特殊権益座談会
・「知謀」辻正信、「天才」石原莞爾を語る(辻正信)
・満洲新国家の建設(大川周明)
・満洲国執政・愛新覚羅溥儀に謁するの記
・マキノ光雄、甘粕雅彦と満映を語る
・血盟団秘話(井上日召)
・初めて語る五・一五の真相
・荒木陸相に物を聞く座談会
・暗黒裁判・二二六事件(真崎甚三郎)
・反乱軍の兵士とされた私(柳家小さん)
商品情報
書名(カナ) テロトインボウノショウワシ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年10月10日
ISBN 978-4-16-790948-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く