作品紹介

週刊文春連載エッセイ「夜ふけのなわとび」から抜粋した林真理子さんのお言葉集。毒舌が芸にまで昇華された林さんのエッセイですが、中でも含蓄があっておもしろい言葉のエッセンスを集めた金言格言集ともいうべき一冊です。
「口説かれた話を、得意げに言う女ほどみっともないものはない」「女性が思ったことを何でも口に出来る、という立場になるには、①年齢②地位③お金④地位の高い夫のいずれかを手に入れなくてならない」「完璧に釣り合いのとれた名前は嫁かない女の証」「女の小ジワというのは、男のハゲに近い」「地味な男ほど派手な女が好きだ」などなど。
一本筋が通った林さんの人生観に読めば思わずフムフムと深~く頷く自分がいることでしょう。とりわけ女性にとっては、生きて行くのに有益この上ない言葉ばかり。まさに、「運命を変える言葉」なのです。

担当編集者より
この本を読んで改めて林さんの人間観察力、洞察力に驚きました。毎週読んでいる週刊文春のエッセイの中から、こんなに毒をはらんだ言葉が潜んでいたとは思いませんでした。「女の小じわというのは、男のハゲに近い」なんて、ドキッとさせられてしまいます。林さんの人生観がひと粒ひと粒つまった一冊です。
目次
・女について
・恋愛と結婚について
・男について
・家庭について
・仕事について
・食べることについて
・オシャレについて
商品情報
書名(カナ) ウンメイハコウシテカエナサイ ケンジョノゴクイヒャクニジュウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年01月10日
ISBN 978-4-16-791000-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く