文庫
文庫

古代日本史最前線“常識”は今くつがえされた!

文藝春秋・編

  • 定価:本体583円+税
  • 発売日:1993年01月

作品紹介

青森県八戸市から出土した三千年前の米粒、“奇跡の発見”鳥取県上淀廃寺の法隆寺級彩色壁画、論争を巻き起した「渡来人百万人説」など、あまたの謎をあばく新発見・新説レポート。

商品情報
書名(カナ) コダイニホンシサイゼンセン ジョウシキハイマクツガエサレタ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 1993年01月10日
ISBN 978-4-16-811618-6
Cコード C0120

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く