文庫
文庫

文春学藝ライブラリー

わが萬葉集

保田與重郎

  • 定価:本体1,940円+税
  • 発売日:2013年12月18日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

萬葉集揺籃の地、奈良県桜井町(現桜井市)に生まれた保田與重郎は、萬葉集を生涯、愛し、論じつづけた(『萬葉集の精神』『萬葉集名歌選釈』など)。
本書は保田が晩年に萬葉集の魅力をあらためて論じたものである。
萬葉集が詠まれた時代の精神と土地の記憶が一首一首に寄りそって丁寧に語られ、萬葉集への愛が素直に吐露される。
天武天皇、持統天皇、柿本人麻呂、山部赤人、大伴家持から山上憶良、防人まで萬葉集を縦横に論じる語り口には淀みがない。
天才歌人・柿本人麻呂への賛仰が語られることはいうまでもないが、萬葉集を編纂した大伴家持への高い評価と深い共感が語られる。家持は光輝に満ちた「古代」が失われたことを認識し、その「古代」を再び意識的に生きなおし、再創造することを主体的に選んだ貴族として描かれる。これが保田の萬葉集への没入の入口であり、出口であろう。
読者は萬葉集に吹き込まれ、今に遺された魂がいかなるものであったのかを感じることだろう。萬葉集を読んだことがない読者にも、長年、親しんでいる読者にも開かれた書物である。(解説・片山杜秀)

担当編集者より
保田與重郎といえば、難解な文体を思い浮かべる方も多いと思いますが、晩年に書かれた本書は違います。萬葉集揺籃の地で生まれ育った文芸評論家が、故郷を読者と一緒に歩き、萬葉集に吹き込まれた土地の記憶や古代の精神を素直でわかりやすい言葉で話してくれている。そんな味わいがあります。奈良への旅に誘われる深みのある良き萬葉集入門です。保田與重郎は繰り返し萬葉集について書きました。そこから何をつかんだのか。それを知りたい方はまず片山杜秀さんの簡にして要を得た解説を。膝を打ちます。(HB)
商品情報
書名(カナ) ワガマンヨウシュウ
ページ数 624ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2013年12月20日
ISBN 978-4-16-813007-6
Cコード 0195

著者

保田 與重郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く