文庫
文庫

文春学藝ライブラリー

皇太子の窓

E・G・ヴァイニング 小泉一郎訳

  • 定価:本体1,550円+税
  • 発売日:2015年04月20日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「あなたにお願いしたいのは、皇太子殿下のために、
今までよりももっと広い世界の見える扉を開いていただきたいということです」

終戦直後の昭和21年から4年間、当時の皇太子(いまの天皇陛下)の英語の家庭教師を務めた著者・ヴァイニング夫人が、ともに過ごした日々を語りつつ、窺い知れなかった皇室の姿を描き出し、ベストセラーとなった回想録。
作家として活躍し、絶対的平和主義を貫くエーカー教徒あであったヴァイニング夫人。
英語を通じて自由と正義と平和を学び、成長してゆく皇太子の姿を瑞々しい筆致で書き留め、占領下の日本人がいかに生き、新しい道をいかに切り開こうとしたか、マッカーサーや憲法成立過程にも触れながら克明に綴る。
日米の交流の窓となり、懸け橋となったヴァイニング夫人の人柄がにじむ、戦後70年の歩みを振り返るうえでも画期的な一冊。

担当編集者より
終戦直後の昭和21年から4年間、当時の皇太子(いまの天皇陛下)の英語の家庭教師を務めた著者・ヴァイニング夫人が、ともに過ごした日々を語りつつ、窺い知れなかった皇室の姿を描き出し、ベストセラーとなった回想録です。作家として活躍し、絶対的平和主義を貫くエーカー教徒あであった夫人が、皇太子の成長を瑞々しい筆致で書き留め、敗戦後の日本の姿を皇室の日常を通じて克明に綴ります。日米の懸け橋となったヴァイニング夫人の人柄がにじむ、戦後70年の歩みを振り返るうえでも貴重な歴史書です(TN)。
商品情報
書名(カナ) コウタイシノマド
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年04月20日
ISBN 978-4-16-813044-1
Cコード 0195

著者

小泉 一郎翻訳

E・G・ヴァイニング

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く