作品紹介

解剖学者が切り拓いた「鯨学」の金字塔

若き解剖学者がふとしたきっかけで鯨に魅せられ、本邦初の学問を体系化していく。戦後日本を代表する脳科学者が遺した鯨学の金字塔。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) クジラノハナシ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年04月20日
ISBN 978-4-16-813063-2
Cコード 0195

著者

小川 鼎三

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く