特集

人も自分も幸せになるおもてなし! そのグレードアップのコツ――春爛漫の姫ちらし

『「これどう作るの?」と必ず聞かれる50のレシピ 幸せをよぶおもてなしスタイル』 (勝部陽子 著)

人が集まる日には、“簡単、豪華、おいしい”料理で、みんなを笑顔に! おもてなしの達人・日本メナード化粧品常務取締役の勝部陽子さんの大評判のレシピから、ふたを開けたら必ず歓声が起きる、美しい姫ちらしをご紹介します。

【材料】(6人分)

〈椎茸とかんぴょうの旨煮〉
干し椎茸(2枚は飾りに使用)……20g
かんぴょう……20g
A[だし汁……1カップ、椎茸の戻し汁……1/2カップ、三温糖……大さじ3、濃口醤油……大さじ3]

〈車えび旨煮〉
車えび(ボイル)……10尾
B[だし汁……1/2カップ、酒……大さじ1、みりん……大さじ1]

〈薄焼き卵〉
卵……5個
C[だし汁……大さじ2、三温糖……小さじ1、塩……少々]

〈桜にんじん〉桜の抜型(2cm)
京にんじん……5cm
D[だし汁……1/2カップ、三温糖……小さじ1/2、みりん……小さじ1、淡口醤油……小さじ1]

〈花れんこん甘酢漬け〉
れんこん……100g
E[塩……少々、酢……50cc、三温糖……大さじ1、昆布……2cm角]

〈穴子白焼き〉
穴子白焼き(市販のもの)……1尾
酒……少々

〈茹できぬさや〉
きぬさや……適量

〈酢飯〉
米……3合
酒……大さじ2
昆布……5cm角1枚
F[酢……70cc、三温糖……40g、塩……8g]

『「これどう作るの?」と必ず聞かれる50のレシピ 幸せをよぶおもてなしスタイル』 (勝部陽子 著)

【作り方】

【1】椎茸とかんぴょうの旨煮を作る。
(1)干し椎茸はゆっくりと水で戻す。
(2)かんぴょうは4分水につけた後、塩もみし、たっぷりの水で茹でる。
(3)鍋にAを入れて加熱し、弱火で椎茸を煮る。
(4)椎茸に熱が通ったころ、絞ったかんぴょうを加えて煮る。火を止めてそのまま冷まし、味を含ませる。
(5)冷めたら、椎茸2枚は飾り用に薄切りに。残りの椎茸とかんぴょうは、粗みじんに切っておく。

【2】酢飯を作る。
(1)昆布と酒と水(分量外)を入れ、固めに米を炊く。
(2)Fを砂糖が溶けるまで混ぜ合わせる。
(3)水にくぐらせ、しっかりと水気を拭き取った飯盆に酢(分量外)を少々塗っておく。(1)を飯盆にあけ、(2)をまわしかけ、しゃもじで切るように混ぜる。混ざったらうちわであおぎ、あら熱をとる。
(4)【1】の粗みじんにした椎茸とかんぴょうを入れ、混ぜる。
(5)(4)をまとめ、固くしぼった布巾をかぶせて蒸らし、冷たくなるまで冷ます。冷ましている間、布巾が乾かないようにする。

【3】車えび旨煮を作る。
(1)鍋にBを入れ、沸騰したらえびを入れる。ひと煮立ちしたらそのまま冷ます。

【4】薄焼き卵を作る。
(1)Cを混ぜ合わせる。
(2)卵を泡立たぬようによく混ぜ、(1)を入れてサラダ油をひいたフライパンで薄く焼き上げ、細い千切りにする。

【5】桜にんじんを作る。
(1)にんじんを3㎜ほどの薄切りにし、桜の型で抜く。
(2)鍋に(1)とDを入れて加熱し、柔らかくなりすぎないように煮る。

【6】花れんこん甘酢漬けを作る。
(1)れんこんは皮をむき、厚さ5㎝ほどに切ったものを松形に飾り切りし、3〜5㎜の厚さに切り分け、酢水(分量外)につける。
(2)熱湯で1分茹で、冷めたらEを合わせた甘酢に1時間以上漬ける。

【7】穴子白焼きを作る。
(1)穴子の白焼きに酒を少しふりかけ、グリルでほんのり焦げ目がつくまで焼く。冷めてから切り分ける。

【8】茹できぬさやを作る。
(1)塩茹でし、冷水にとり色よく仕上げる。斜めに細切りにする。

【9】【3】~【8】までと飾り用椎茸を、【2】の酢飯の上に華やかに飾りつける。

勝部陽子

勝部陽子

日本メナード化粧品常務取締役。株式会社ダリヤ取締役。名古屋生まれの名古屋育ち。20代から、絵画や陶芸などの創作活動に励む。結婚後、夫の転勤で3年半滞在したアメリカで、ホームパーティや料理の楽しさに開眼する。帰国後も会社の仕事の傍ら、時間を見つけて、趣味の絵画や陶芸、ステンドグラス製作に親しみ、しばしばホームパーティも主催。毎年、100人を超えるメディア関係者を招いて自宅で行われるパーティでのお料理やおもてなしが、マスコミ関係者の間で評判をよんでいる。

「これどう作るの?」と必ず聞かれる50のレシピ
幸せをよぶおもてなしスタイル

勝部陽子・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2016年11月05日

詳しい内容はこちら