作品紹介


暗い森? 頭蓋骨? 終わった恋?
どこか懐かしくて、ちょっぴりホラー。
大人のための絵本小説です。

新興住宅地の夏祭の会場から、きもだめしをするうちに、
十歳の少年と少女が、深い森に迷いこんだ。
少年とは知り合いの老婆は、森をさまよう。
さらに少年の母親と、少女の父親も……。

ひと晩だけの遭難。暗い森で浮かびあがった、それぞれの人生。
愛に不器用な人たちを描く、おとぎ話のような文学作品。

小幡彩貴のイラスト21点掲載!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く