作品紹介

青春の終わりを告げる芥川賞受賞作

暑い夏の日。僕は30歳を目前に離婚しようとしていた。現代の若者を覆う社会の歪みに目を向けながら、夫婦の壊れゆくさまを描く

担当編集者より
30歳の誕生日に離婚する予定の敦は、自動販売機の補充に回る車内で同僚の水城さんに結婚生活の顛末を話して聞かせる。社会のひずみに目を向けつつ、掛け違っていく男女を描いた、第135回芥川賞受賞の表題作ほか、単行本未収録の「安定期つれづれ」等、夫婦それぞれのあり方を鮮やかにとらえた3編。解説・津村記久子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く