作品紹介

人間を劣化させる社会が始まった

学校や家庭を襲う若者と職場を襲う大人が現れる——FBI報告の通り日本にも復讐者が現れた。「誰でもよかった」犯罪を徹底分析する

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
挫折や傷つきを他人のせいにし、無関係な人を襲う事件が頻発している。日本だけではない。米FBIの分析センターは早くから、このタイプの犯罪者を「復讐者型」と分類していた。彼らに共通するのは、幼い自己愛と高いプライド、乏しい社会性。そしてヴァーチャルなメディアへの耽溺(たんでき)は、人間の脳に決定的な影響を与える。コロンバイン高校襲撃事件を詳細に分析した学者は、「ゲームの影響がなければ、この事件は起きなかった」と結論づけた。人間を内部崩壊させる社会が出現した。少年犯罪の最前線で働く専門家が、親の対処法を含めて多角的に論じる。(AI)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く