作品紹介

国家はどうやってあなたの資産を奪うのか?

二〇一四年四月からの消費税以外にも増税メニューが目白押し。その「傾向と対策」を論じる現役税理士には絶対書けない「禁断の書」。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
愚者は黙って払い、賢者は知恵を絞って払う――。
四月からの消費税8%を始め、各種の増税メニューが目白押し、日本は確実に重税国家への道を歩んでいます。どのようにして国民の資産を奪うか画策するなかには、「死亡消費税」というプランまで挙がっているとか。知らないと取られ放題の税金について、「傾向と対策」を説く本書は、現役税理士には絶対書けない「禁断の書」です。(SI)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く