電子書籍
電子書籍

国立がんセンターでなぜガンは治らない?闇に葬られた改革

前田洋平

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2015年12月04日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本の医療は誰が動かしているのか?

成果を出しつつあった国立がん研究センターの改革は、なぜ頓挫したのか? 綿密な取材から日本の医療が抱える難問を明らかにする。

担当編集者より
日本のがん治療の最高峰であるはずの国立がん研究センターは、巨額の赤字を抱え、「がん難民製造工場」とまで批判されていましたが、2010年の独立行政法人化を機に新しい理事長を迎え、大胆な改革を行いました。その結果、債務が668億円もあったのが、初年度に25億円もの黒字化を実現しました。ところが、驚くべきことに新理事長は2期目に再任されなかったのです。なぜか? これが日本の医療全体を揺るがす可能性を秘めていたからです。毎日新聞政治部の記者が、日本の医療が抱える難問を明らかにします。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く