作品紹介

7300年前、日本列島を襲った巨大カルデラ噴火を
縄文人が記憶していたのだとしたら――
地質学データ、文献、足で集めた情報をもとに
古事記神話の謎に挑戦する意欲作!
日本列島の原風景、日本人の意識の「古層」を探る旅。

第一章 アマテラスと縄文時代の巨大噴火
第二章 出雲――八雲立つ火山の王国
第三章 縄文時代に出現した天孫降臨の山
第四章 女神イザナミ――黄泉の国は火山の国か
第五章 熊野――謎の巨大カルデラの記憶
第六章 大地を鎮める王――永遠に遍歴するヤマトタケル
終章 日本列島における火山の記憶

担当編集者より
巨大な火山噴火に遭遇した縄文時代の人々の驚きや畏怖の感情が、古事記神話に痕跡を残しているのだとしたら――。こうした仮説をもとに、著者は7300万年前の鬼界カルデラ噴火の跡を残す九州南端の薩摩硫黄島へ。あるいは、4000年前の島根県三瓶山噴火で埋もれた縄文杉の巨木を見に、そして天孫降臨の山とされる高千穂峰へと旅に出ます。そこで見た風景は、「稲穂の国」のイメージとはほど遠い荒涼とした大地、険しい山でした。古事記神話の主な舞台として登場する南九州南部、出雲、熊野は、太古の昔、いずれも火山地帯だったのです。果たしてこれは何を意味するのか。記者生活約20年のベテランが地道な調査を重ねて得た結論は、日本列島に暮らす人であれば、誰もが腑に落ちるものではないでしょうか。はるか昔の日本と日本人に出会う旅をお楽しみください。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く