作品紹介

京都府警捜査一課の検視官に東大法学部出身二十九歳の警視が着任した。江夏冬子――瞳が大きくスタイル抜群の美人である。着任早々、女ならではの推理が冴える。(中島河太郎)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く