作品紹介

日米和平交渉の裏に秘められた2つの恋の行方

日本大使館に雇われた大竹は、日系人のミミと恋に落ちるが、彼女には人に言えぬ秘密が。開戦前夜を舞台に、男と女を描くミステリ

担当編集者より
昭和16年、ワシントンの日本大使館に臨時雇用された医学生の大竹幹夫は、同僚の若い日系人タイピスト、ミミ・シンプソンに一目惚れする。しかし、ミミは国務省高官のホルブルックが潜入させた女スパイだった——。和平交渉の裏側で進展する諜報活動と、3人の恋愛模様。第二次大戦3部作に連なる長編小説。解説・青木千恵

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く