作品紹介

古来、日本と中国は密接な関係を保ってきた。だが現実には、中国人は日本にとって極めて判りにくい民族なのではないか。ぶつからないためには理解すること、理解するためには知ること――両国の歴史に造詣の深い二大家が、この隣人をどのように捉えるべきか、長い歴史を踏まえて深く思索する中国論・日本論。解説・山内昌之

目次

談天半天 陳舜臣

第一章 東夷北狄と中国の二千年

第二章 近代における中国と日本の明暗

第三章 日本の侵略と大陸の荒廃

第四章 シルクロード、その歴史と魅力

数千年の重み 司馬遼太郎

解説 「預言的な響き」――二人の大家が論じ尽くした日中対決の原点 山内昌之

目次
目次

談天半天 陳舜臣

第一章 東夷北狄と中国の二千年

第二章 近代における中国と日本の明暗

第三章 日本の侵略と大陸の荒廃

第四章 シルクロード、その歴史と魅力

数千年の重み 司馬遼太郎

解説 「預言的な響き」――二人の大家が論じ尽くした日中対決の原点 山内昌之

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く