作品紹介

恋に仕事に疲れている人に読んでほしい江戸人情時代小説

勘当され行方知れずとなっていた兄・紀兵衛と再会したおりん。喜びもつかの間、紀兵衛が染師毒殺事件の犯人として捕縛されてしまう。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「更紗屋」シリーズも3作目となりました。今作の読みどころは、おりんと蓮次の恋の行方です。身分が違うためになかなか進まない二人の仲。ところがふとしたきっかけで二人は・・・・・・やきもきしますが、二人の清らかでまっすぐな思いに胸をきゅんきゅんさせてください!(JT)
目次
一話 名物裂
二話 神田紺屋町
三話 伊勢型紙
四話 紅染の浴衣

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く