電子書籍
電子書籍

父・金正日と私金正男独占告白

五味洋治

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年10月07日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

故・金正日(キムジョンイル)総書記の正男(キムジョムナム)の肉声を世界で初めてスクープした新聞記者による衝撃の記録です。
2001年に初めてその存在が報じられて以来、たびたびあらわれてはその言動やファッションがディープなインパクトを残してきた金正男。”自由人”として面白ライフを満喫する北朝鮮のプリンスに隠れファンが急増しました。しかしここ数年は姿を現さず、異母弟の正恩(ジョンウン)が後継者となってからはますます行方がわからなくなっています。
2004年9月25日、北京国際空港の1階ロビーで、日朝協議に出席する北朝鮮代表の到着を待っていた日本人記者団の中にいた著者は、金正男と思われる男性と遭遇しました。正男は、後日五味さんら記者団に、そのとき渡した名刺にメールを送信。質問を込めたメールにも正男は丁寧に返信し、五味さんは計7通の朝鮮語のメールを受け取った。その後、2回の面会、メールは150通にも及ぶ。そのすべてが克明に記されています。
「三大世襲には反対」「父上には国家元首という点を離れて、厳しいながらも情が多かった記憶しかありません」「異腹の弟正恩の成長過程は知りません」などと率直に語る正男。五味さんの奥様がロシア語で語りかけるとロシア語で返答したり、ホテルのエレベーターでは日本語で「お先にどうぞ」と先を譲る。プリンスなのにえらぶったりせず、腰が低い。そんなエピソードも満載。ただのムサいメタボ兄ちゃんではなく、本書を読めば知的で冷静、ユーモアのセンスにあふれた彼の魅力の虜になること間違いなしの世界的スクープ本です。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
メタボなぽっちゃり体型に、”木こりルック”。ディズニーランドで楽しむ北朝鮮のプリンスの姿に衝撃を受けた日本人は多かったでしょう。
故・金正日の長男なのに後継者になれず、海外を放浪するプリンス。お国の喧騒ぶりとは対照的に、自由人として面白ライフを送る正男氏のファンになっていました。
いったいどんな人物なんだろうと思っていたときに出版されたのが2012年に刊行された単行本。著者の五味さんは粘り強く長い期間にわたって正男氏への接触を試みます。ときには奥様を伴って北京や中国に足繁く通い、2度の単独インタビューに成功しました。ホテルのエレベーターでは「お先にどうぞ」とプリンスとは思えない謙虚さを見せたり、ロシア語で語りかけた五味さんの奥様へ流暢なロシア語で返答するなど、知的で社交的、ユーモアのセンスのあるエピソードにあふれています。
単行本が出版されて以来、正男氏と連絡が取れなくなってしまった五味さんですが、文庫化を機に正男氏とコンタクトが取れるような状況になってくれることを願っています。
目次
まえがき「放浪のプリンス」を追った五年
序章 金正日の「血と骨」
第一章 北京での邂逅
第二章 百五十通のメール対話
第参照 マカオでの独占インタビュー
第四章 祖国からの警告
第五章 プリンスはなぜ追放されたのか?
終章 金正男が平壌に帰る日

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く