作品紹介

生涯、膨大な数の短編を遺した山本周五郎。
没後五十年を経た今なお、読み継がれる作品群の中から、選びに選ばれた名品。短編傑作選の決定版!(全四巻)


第一巻に収録するのは、周五郎が日本女性の最も美しく貴い姿を集約させたともいえる「松の花」、その対極にある自らの性に翻弄される女「おさん」、酔っ払いだが腕のいい職人の父親を描く人情ものの傑作「ちゃん」、ほか「あだこ」、「晩秋」、「おたふく」、「菊千代抄」、「その木戸を通って」、「雨あがる」の全九篇。

巻末に沢木耕太郎氏による解説エッセイ「一丁目一番地のひと」を収録。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る