単行本
単行本

果報は海から

又吉栄喜

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:1998年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

漁師の家に婿入りした男がたいくつな日常を抜け出そうと試みた冒険とは? 沖縄の暮らしをあざやかに描き出す表題作他一篇を併録

担当編集者より
沖縄県在住の又吉栄喜さんは、芥川賞受賞後も県内の役所に勤務しながら創作活動を続けています。その作品集、『果報は海から』が刊行されます。表題作は、離島を舞台に、漁師の家に入婿した男が妻と姑に構われない退屈な日常を打破すべく、山羊を盗むという冒険を試みる。併録されている「士族の集落」は、那覇に住む青年が祖母に会いに山原(ヤンバル)の奥地に行き、そこで昔ながらの琉球士族の暮らしを体験します。今昔の沖縄の生活を見事に描き、忘れていた懐しいことを思い出させてくれる秀作小説集です。(MN)
商品情報
書名(カナ) カホウハウミカラ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年02月20日
ISBN 978-4-16-317530-0
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く