作品紹介

意味あんのかよ、こんな世界!

蜘蛛女、巨女、シマウマ男に犬人間……デタラメな「進化」の行方は? 奇想に次ぐ奇想で選考委員の絶大な支持を得た文學界新人賞受賞作

担当編集者より
蜘蛛女、巨女、シマウマ男に犬人間……生物の進化情報の核が突如爆発、人間はかつて地球上に存在したことのない異形のものへと「進化」をはじめた。太陽は五つになり、進化はさらに加速する。ついにすべての生命体は一箇所に結集、クチュクチュと絶えざる消化吸収運動を続けた末バーンと爆発した!終焉の後に訪れる世界とは?奇想に次ぐ奇想と凄みさえ感じるグロテスクなユーモアで選考委員の絶大な支持を得た文學界新人賞受賞作。文学に新たな地平を拓く鬼才の誕生。(IH)
商品情報
書名(カナ) クチュクチュバーン
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 カバー
初版奥付日 2002年02月10日
ISBN 978-4-16-320720-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く