単行本
単行本

秋の花火

篠田節子

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2004年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

人生の盛夏をすぎた頃に見えてくるもの

人生の秋の頃の恋情は、静かではかない花火のよう。生きることの痛みと意味を繊細に大胆に描いた五篇を収録した、待望の作品集

担当編集者より
弦楽六重奏の練習中。少し音を出しただけで、チェロとセカンドヴァイオリンの男女が互いに抱く気持に、演奏者全員が気づきます。長く眠らせていた想いが、調べに乗って溢れ出てしまった……切ない情景が印象的な表題作は、人生の盛夏をすぎた年代の男女の静かな恋情を、死を前に才能と業(ごう)を背負い続ける老音楽家の姿と絡めて描きます。繊細で美しく、しかし演奏者の全てがさらけ出される音楽の怖さ。生と死をみつめる眼。篠田節子さんならではの世界に陶然とさせられる全五篇、待望の作品集です。(AS)
商品情報
書名(カナ) アキノハナビ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2004年07月10日
ISBN 978-4-16-323120-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く