作品紹介

町の小さな空手道場を舞台にした連作ハードロマン

不況で会社をリストラされ先輩の空手道場をあずかる藤堂。奇妙な入門希望者たちが道場に持ち込む難題の数々に藤堂が体当たりで挑む

担当編集者より
先輩に頼まれて空手道場を預かることになった藤堂忠之。空手の腕はちょっとしたものだが、勤め先の広告代理店を辞め再就職活動中の身の、うだつのあがらない男である。先輩の神野はなぜか失踪し、苦しい台所事情の中、藤堂は道場を守ろうとする。そこに現われる道場破りのプロレスラーやロシア人の金髪女……。短気な後輩の健三、かつての同僚の悠子やリストラ中年の富永らを交えて展開する物語は、決してヒーロー小説ではなく、著者の新たな一面が見られる面白さ請け合いの一冊です。(TN)
商品情報
書名(カナ) ドウジョウ
ページ数 392ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2004年07月25日
ISBN 978-4-16-323180-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く