文春文庫

刑事の骨

永瀬隼介

  • 定価:本体750円+税
  • 発売日:2013年10月10日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

1993年5月、連続幼児殺人事件の捜査本部を指揮する不破は、同期の落ちこぼれ警察官・田村の失敗で真犯人を取り逃がす。その折の不適切な指令をマスコミに暴露され、不破は刑事畑から追放される。17年後、定年退職した不破を田村が訪ねてくる。酔いにまぎれ、肝心な話もできないままわかれたその夜、田村は新宿歌舞伎町のビルの屋上から転落死する。警察は自殺と断定するが不破は納得せず、田村の身辺を調査すると、田村が単身連続幼児殺人事件の捜査を続け、真犯人に迫っていたことがわかった。不破は田村の遺志を継ぎ、犯人捜査に乗り出す。当時、犯人の顔を見たのは田村一人と思われていたが、じつはもう一人目撃者がいたこと。そして4人目の被害者の母親で強靭な意志で犯人を追及する女。時効を過ぎたにもかかわらず、なおも関係者を呪縛する事件の重さ。やがて不破たちの捜査が突破口となり、事件は急展開を始める。果たして真犯人は誰なのか?

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) ケイジノホネ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2013年10月10日
ISBN 978-4-16-769605-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く