作品紹介

キレる頭と熱いこころ。主君を支えた六人の名参謀

補佐役、かくあるべし。日本初の機関砲隊を指揮した「ガトリング家老」河井継之助など、大胆な戦略で主を支えた家老六人の生涯

担当編集者より
ときに主君の横暴に歯噛みしながらも、機知と胆力で運命を切りひらいた六人の「家老」にスポットをあてる傑作評伝です。たとえば、斬新な発想で数々の改革をおこない、会津藩の困窮する財政をみごと立て直した田中三郎兵衛玄宰。日本初の機関砲隊を指揮した「ガットリング家老」として有名な越後長岡藩の河井継之助。ときに痛快、ときに哀切な彼ら“補佐役”の人生から、乱世の無常と、それに立ち向かう人間の矜持がじんわりにじみ出します。緻密なディテールに定評あるベテランの健筆が浮き彫りにする、男たちの美しい生き方を存分に味わってください。(NK)
商品情報
書名(カナ) ヒガシニメイシンアリ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年12月15日
ISBN 978-4-16-326580-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く