単行本
単行本

快男児・前田光高われに千里の思いあり 中

中村彰彦

  • 定価:本体1,800円+税
  • 発売日:2008年11月27日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

前田家3代を描く壮大な歴史ロマン、いよいよ佳境へ

叡智と人徳をもって戦乱の世を生き延びた加賀百万石・前田家の藩主利常、光高、綱紀の3代を描く大長篇歴史小説。3部作の第2部

担当編集者より
前田家といえば、何といっても加賀百万石を築いた前田利家・利長父子が有名です。しかし、その後の前田家の繁栄を支えた3代目以降については、あまり語られません。『われに千里の思いあり』全3巻は、3代目利常、4代目光高、5代目綱紀の知られざる運命を描く大長編歴史小説です。中巻の主人公となるのは、4代目前田光高。30年の短い生涯を駆け抜けた光高はどのような名君だったのか。緻密なディテールに定評のある直木賞作家の健筆が、膨大な資料を駆使して描き出します。(NK)
商品情報
書名(カナ) カイダンジマエダミツタカ ワレニセンリノオモイアリ
ページ数 424ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年11月25日
ISBN 978-4-16-327600-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く